タップル誕生で知り合ったセフレは10代から60代まで

私はこれまで、10代から60代まで幅広い世代のセフレと付き合ってきました。

タップル誕生には、それぐらい色々な年代の人が利用しているので、そこがまた面白いところでもあるのです。

最初は20代と30代メインでしたが

30代

タップル誕生を利用してしばらくは、20代や30代をメインに探していました。

やっぱり、エッチをするならこれぐらいの年代が理想的だと思ったのです。

ただ、たまには気分を変えてみようと思い、18歳や19歳の相手や、40代や50代の相手にもアプローチをしてみたのです。

全く違うエッチが楽しめる

10代

例えば、18歳や19歳の相手とのエッチは、20代とは全く違う新鮮さと初々しさを感じました。

一方で40代や50代の相手とのエッチは、30代とは比較にならないぐらいの濃厚際立つセックスを味わえました。

これをきっかけに、特定の年代にはこだわらず、いろんな世代の人とセフレになろうと思ったのです。

ついには60代も見つけて

そして、ついには60代の相手を見つけることもできたので、さらに自分の世界を広げるためにエッチをしてみたのです。

そしたら、言葉では言い表せないような、別次元にいるかのような時間を過ごしたのです。

簡単に言うなら、50代をさらに超えるほどの中身の濃いエッチを味わったわけえす。

18歳以上ならどの年代でもいいわけです

結論を言えば、18歳以上ならどの年代の人とセフレになってもいいわけですから、自分のこだわりやタイプに縛られるよりも、積極的に幅広い年代の人とのエッチを体験してみるのがいいと思うのです。

標準

攻め好き熟女の熟練した攻めテクニック

ライブチャットで知り合うことができる熟女は、いろんなタイプがいるのですが、中には男性を自分から攻めたいというような熟女もいるんですね。

私は、どちらかというと受け身なセックスが好きで女性から攻められるのも好きなので、そんな攻め願望を持つ熟女とライブチャット モコムで約束を取り付け会ってみたのですが、熟女の攻めは本当に卓越していて此方が本当に気持ちいいと思うようなプレイをしてくるんです。

熟女のむちむちお尻で挟む顔面騎乗で大興奮

その攻め好き熟女さんは、丁寧なしゃべり口調なのにもかかわらず結構な攻め上手で男を興奮させて乗せるのが本当に上手かったんですね。

いきなり命令をするんじゃなく、最初に何何したい?と聞いてきて此方か頷くと、それじゃあ何何したいですってちゃんとおねだりしてくださいね、と優しくもしっかりと強要してくるようなスタイルがとても興奮しました。

特に、おまんこ舐めたいですか?と聞きながら自分でマンコを広げて来たのには激しく頷いてしまったのですが、仰向けに寝かされてそのまま顔の上に乗られてしまい、それがかなり興奮しましたね。

しかも、そのままお尻を振ってマンコを自分から顔にこすりつけて来るエロい動きにされるがままに舐めてしゃぶってしまい、夢中でクンニまでしてしまいました。

顔面騎乗でご奉仕したおマンコでサービス

自分から顔にマンコをこすりつけ舐めさせて、向こうの女性も興奮してきたのですが今度は、おねだりをさせずに仰向けになってボーっとしているところに問答無用で背面騎乗位挿入させられてしまいました。

顔面騎乗があまりにエロすぎて、フル勃起状態だったので簡単に飲み込まれてしまい、しかもそのお尻が丸見えの格好で腰をヘコヘコと上下に振るような騎乗位尻振りでチンポを貪りとられて最後は搾りとられるようにして中出しまでしてしまいました。

こういう、ナチュラルに徐々に攻め度合いをあげるというテクニックも熟練した熟女だからこその技なのでしょうね。

標準

せふれと長く関係を続けるためにしておくべきこととは

あなたはこれまでせふれができたことはありますか?
もしできたことがあるのであれば、そのせふれとの関係はどれくらい続いたのでしょうか?
きっとポイントをしっかり抑えられていなかった人は長く関係を続けることができなかったのではないでしょうか。
いったいどうすればせふれとの関係を長く続けることができるのでしょうか。
今回はそんな世の中の男性がなかなか気づけない、せふれと長く関係を続けるためにしておくべきことについて紹介していきましょう。

せふれに対してただのせふれということを認識させないこと
いくらお互い割り切った関係でせふれだとわかっていたとしても、女性にとってただのせふれとしか見られていないと思われてしまったら、女性は嬉しく思いません。
誰でも承認欲求があるように、自分を一人の人として認めてほしいものです。
それをただの体の関係だということを言ってしまったり、ただの制欲のはけ口にように扱ってしまってはいけません。
相手も一人の人間である以上感情があることを忘れず、一人の人として大切にしてあげましょう。

友達以上恋人未満の関係だということを理解しておく
もしせふれの相手があなたのことを知っている人であったり、ある程度付き合いのある人だった場合、その関係は友達以上恋人未満であるということを忘れてはいけません。
出会い系サイトなどで知り合った単純にお互いがセックス目的であれば話は別ですが、そうではない場合が多いので、二人の関係性がどのようなものか理解しておくことは非常に大切です。
そのため、相手は彼女ではないものの他の人よりも自分のことを理解してくれている相手だということを理解し、相手も自分のことをそのように感じていることがあり得るということを理解しておきましょう。
お互いにお互いを大切にすることでせふれの関係を長く続けることができるのです。

一番大切なのは恋人同士ではないということを共通認識しておくこと
先ほど、友達以上恋人未満の関係だということを理解しておくと紹介したように、せふれという関係は恋人同士ではないということを共通認識しておく必要があるのです。
せふれの関係は曖昧な場面から始まることが多く、どちらかがもしかしたらこの先には恋人関係の始まりがあるかもしれないという思いがあった場合、最終的には絶対に関係が壊れます。
自分たちは恋人同士ではないということをしっかり伝えておくとともに、もし本命がいるのであればきちんとそれを伝えておくことも必要なのかもしれませんね。

せふれの関係を楽しむ
本命がいる場合でもセックスを楽しむことができない場合があります。
いくら本命だからといって体の相性もいいかどうかはまた別の問題です。
そのため、普段できないようなセックスをして、せふれの関係を思う存分に楽しむということで楽しい時間を一緒に共有することも大事なポイントです。

以上がせふれと長く関係を続けるためにしておくべきことでした。
あなたは今までせふれを失う時になぜ失ってしまったか気付いていましたか?
きっといろいろな事情があって終わってしまった関係だと思いますが、これらのことをあなたは大切にしていたでしょうか。
もしあなたがこれらのことをできていなかったのであれば、もしかしたらこれらが原因で終わってしまったかもしれませんね。
今後もしあなたにせふれができた場合、今せふれがいる場合、これらのことを意識して接してみてください。
きっと少しでも長くせふれの関係を続けていけるようになることでしょう。
せっかくのせふれという関係を築けているということは、他の人よりも自分のことを理解してくれている人であると思います。
そのせふれを大切にしてあげていって欲しいと思います。

標準

教育実習に来た女子大生にエッチな個人授業してもらった話

僕は見た目も性格もパッとしないこともあって、今まで彼女ができたこともなく、ましてやキスやセックスをするなんてこともなく、高校に入ってからはきっとチャンスがあるだろうと思っていましたが、思った以上にそのようなチャンスはなく1年目の高校生活を終えてしまいました。
そんな高校二年生の春に女性大生が教育実習に来るということで、まさか変なことはないと思いながらも思春期だった僕も色々な妄想に借りたてられたのでした。
今回はその時に起こったエッチな体験談について話します。

そして僕のクラスにC子さんは体育担当として配属され、副担任みたいな感じで1ヶ月間一緒に勉強する事になり、顔が可愛い系で、フジテレビのアナウンサーのような容姿ということもあり、学校中の男子が先生を見にくるほどの人気ぶりでした。
先生は、背が150センチの小柄で、それに反比例するほどの豊満な胸で今風の女性という印象でした。
僕のドストライクのタイプということもあり、僕は一瞬でこのC子さんに恋をしてしまいました。
可愛い女性大生を前に思春期の男たちは、先生にちょっかいをかけようとし、男子共がからかったりして本当に困った時だけ、後からフォローするようなことをしていました。
他の男子にはできない、自分のクラスに配属になったからという強みを生かして、すこしでも先生によく見てもらおうと必死でした。

ある日A子さんから「今度、陸上の体育大会に初出場する事になったんだけど、男子選手が少ないので助けてくれる人はいませんか?」と言い、スケベ心旺盛の男子は大勢が「デートしてくれるなら」などと言い出し、候補者はクラスの大半の男子があがるほどでした。
僕はC子先生への興味もあったし、よく思ってほしいということもあって、練習会に参加することにしました。
部活の練習は思った以上に大変で、クラスのほとんどの男子がいたにもかかわらず、次の日には僕を含め2人しか残りませんでした。

それでもC子さんは残念な顔を見せずに、一緒に大会まで頑張ろうと行って、僕は大会までの1週間真面目に練習し、大会ではなんと金賞を受賞することができた。
僕自身もC子さんもそんな結果が出るとは思っておらず、メンバーみんなで泣いて喜びました。
それから数日したある日の放課後に教室のある建物とは別の離れた美術室のある2階にCさんに呼び出されて、その時はまた何かお願いされるのかなと思って、特に何も期待せずにとりあえず向かうことにしました。

僕が教室に着いた時先生は何か事務仕事をしているようでしたが、僕を部屋に入れると美術室の鍵を閉め、更にその奥にある小部屋に案内されそこの鍵もかけたのです。
いきなりのことすぎてよく状況がつかめなかった僕は、少しだけ気まずくなってしまい「先生、何をくれるの?」なんてバカに振舞ってみると、Cさんはいきなり僕に抱きついてきてキスをしてきたのです。
キスすらしたことのなかった僕はどうしていいか固まっていると、 Cさんは僕のことをリードしてくれて二人でいちゃいちゃを始めたのです。
ここは学校というシチュエーションと、誰も邪魔することのできない密室である安心さで僕自身も大胆になってしまい、 Cさんに身を委ねることにしたのです。
Cさんは大学生ということもあり、大人の色気とテクニックで僕を楽しませてくれて、僕の初めてをいとも簡単に奪ってくれたのです。
思春期な僕は一度では満足できず、何度も何度もCさんを求めました。
Cさんはそれを嫌がることなく、すべて受け入れてくれて、辺りが暗くなり下校の時間になるまで、時間を忘れるくらい激しくセックスをしたのでした。
それから時間を見つけては二人でよく、学校の教室を使ってセックスをしたりしていましたが、教育実習が終わってからは連絡を取る手段もなく、実習以降にCさんと会うことはなく、いい一夏の思い出になりました。

標準